トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

ブログアップして束の間の日向・・・

ブログアップしたその日に転勤の辞令トップページで『日向の地から』と満を持して始めたはずのブログが休止に追い込まれました。

本日送別会をしていただき、酔いの冷めないままカキコしてます。

日向はいいところでした。

気候は温暖、人もやさしく、野菜も安い暮らしやすいところでした。

Photoこれは、日向にあるクルスの海

「クルスの海」は、波の侵食により東西200m、

南北に220m、高さ10mにわたって柱状岩が裂け、

十文字に見えることからこう呼ばれています。

十字に割れた岩の外に、小さな岩場があり、

 合わせると「叶」の字に見えることから、この場所

 でお祈りするとと「願いが叶う」といわれています。

 以前トキオの鉄腕DASHの、ソーラーカー一筆書き

の旅で紹介されていたことを思い出します。

Photo_2ここも日向市

サーフィンの聖地の一つと言われてます。

『金が浜』です。シ-ズンになると多くの

サーファーで賑わいます

・・・・という日向にも、今日でお別れです。

日向のみなさんお世話になりました。

連休がとれたら遊びに来たいと思います。(o・ω・)ノ))

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

四国に行ってきたよー その2

Photo_2道の駅 大豊

高知県長岡郡大豊町杉743-1

営業時間 8:30~17:30

年中無休

立川産100%のそばを食べてきました

2杯のおいしいそばに見えるでしょ(◎´∀`)ノ

少し塩辛いかなって思ったけどおいしくいただきました

Photo_4

 

実はこの一杯は麹菌と乳酸菌で2度発酵させた碁石茶を練りこんだうどんなのです

碁石うどん

見た目はそばですが、のど越しが良いふつーにおいしい うどんでした(゚▽゚*)

またここは須佐之男命が植えたと言い伝えられている樹齢3000年の巨木 大杉があるのですが立川そばと碁石うどんを食べて満足して出発してしまいました

・・・またいかなくっちゃ(*´v゚*)ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

四国へ行ってきたよー

2

Photo県民ショーでやってた『鍋焼きラーメン』を食べてきました                     橋本食堂;高知県須崎市横町4-19                            営業時間;11:00~15:00                                    定休日;日曜 祭日                                             駐車場;12台                                                 戦後間もなく高知県須崎市の「谷口食堂」のご主人が、ラーメンの出前を冷めずに食べてもらいたいと考え、ホーロー鍋に入れて届けたのが始まりだそうです。

大分県中津市の宝来軒のラーメンで育ち、博多ラーメンや久留米ラーメンを食べてきたおいらとしては、そんなもんラーメンじゃないよーって思っていたけど・・・ありですねえ

  鍋焼きラーメンの7つの定義                                                                                                                          1 スープは親鳥の鶏がらの醤油ベースであること

2 麺は、細麺ストレートで少し硬めに提供されるこ

3 具は、親鳥の肉・ねぎ・生卵・ちくわ(すまき)なであること

4 器は、土鍋(ホーロ-、鉄鍋)であること

5 スープが沸騰した状態で提要されること

6 タクワン(古漬けで酸味のあるものがベスト)が提供されること

7 すべてに「おもてなしの心」を込めること

ってのがあるみたいなんですが、ラーメンは豚骨細麺で育ったおいらでもまずまずなおいしさだったのですが・・・  満席で、忙しいせいもあるのか・・・お店に入ると「うちは外で待ってもらってるんですが・・・」って少々上目線でお姉さんがおっしゃられました   普通ならこの時点でよそに行くのですが・・・

車で着いたとき、店の前の駐車場がいっぱいだったので、どうしようかなって思っていたら、隣の自転車屋のおじさんが、雨の中でてきて、駐車場の位置を丁寧に教えてくれたんでぐっと我慢してお外で待機・・・ でもまあ待った甲斐があったかな^^ごはんも頼んでスープに入れておいしくいただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

はじめましてm(_ _ )m

Photo日向の地から『はじめてのおつかい』状態でやっとこさっとこブログアップにこぎつけました。

写真は 宮崎県 新富町大字新田にある座論梅です 樹齢 :600年 株立ち:約80株 樹高 :最大4m 幹周:最大90cm1本の木から根を広げ、株を増やしたとのことです。

神武天皇が美々津より東遷する際、ここで湯あみをした時に、梅の枝を地面に突き立てたのが、座論梅の原木と伝えられます。
梅園の向かいには湯の宮神社があり、「神武天皇御湯浴場」跡があります。
「座論梅」とは、江戸時代、佐土原と高鍋の両藩でこの梅園の所有を争った時、ここに座って論議したことからそう呼ばれているそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2012年4月 »